テーマ:認知症

増加する認知症高齢者

確かに認知症高齢者のご家族の方からのご相談が増えています。 富山県議会議員 永森直人のオフィシャルブログからです。 今朝、いつものように大島イータウンの交差点で街頭演説をしていたところ、一人のおばあちゃんが、交差点付近をウロウロしながら、通りすがりの車に次から次に声をかけていました。 心配になり、街頭演説を一時休止し、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリセプトのみの10年

代表 小番の母も10年近くアリセプトにお世話になっております。 感謝です。 アリセプトのみの10年、「無駄ではない」  首都大学東京大学院の繁田雅弘教授はこのほど、日本認知症ケア学会の第12回学術大会でアルツハイマー型認知症治療薬をテーマに講演した。この中で繁田教授は、新薬が次々登場した欧米と異なり、10年間にわたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要介護になる主な原因は脳卒中が3割、認知症が2割

確かに高齢者住宅入居者の要介護原因をみると、脳卒中、認知症が多いですね。 以下ご参照ください。 要介護になる主な原因は脳卒中が3割、認知症が2割――厚労省調査 2008/09/12 12:00 配信 厚労省は9月9日、2007年度の国民生活基礎調査の概況をホームページで公表した。 要介護者・要支援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然家族が認知症に!まずどう対処すれば 動画で案内

認知症の初期対応についてビデオ動画がありましたのでご紹介します。 以下ご参照ください。 突然降りかかる認知症による介護の問題。 現在、64歳以下の若年性認知症患者は推定3万7,000人。65歳以上では、10人に1人が認知症ともいわれています。 漠然とした不安は持っていても、「まだまだ人ごと」という方も多いのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症になった場合の介護施設の選び方

認知症になった場合の介護施設の選び方、というわかりやすい動画がありましたので、ご紹介します。 介護施設の種類がよくわからないという声が本当に多くなっています。 家族が認知症になった場合の介護施設の選び方について、介護コンサルタント・中村 寿美子氏にうかがいました。 主に認知症の方に対応している介護施設が東京23区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市のグループホーム空室率

シーダースコミュニケーションズ株式会社のホームページに2011年3月現在の認知症グループホームの空き室情報が載っていました。 3月の空室率はわずか1.8パーセントです。 以下抜粋です、ご参照ください。 現在、札幌市内には10区232施設(ユニット数429、定員3796人)の認知症グループホーム(正しくは、「認知症対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイサービスをもっと活用したい、ショートステイも増やしたい

最近は認知症の方のご家族からのご相談も増えてきました。 現在札幌市内のグループホームはほぼ満杯状態で、皆さん、施設探しにはご苦労しているようです。 それと、できればもう少し在宅で頑張りたいとおっしゃるご家族も多いのも事実です。 デイサービスをもっと活用したい、ショートステイも増やしたい、こういう希望も非常に多いようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more